スマホで禿げているところを見る男性

薄毛は薬で解消できる時代です。
今まではかつらや帽子で隠したり、育毛剤などでケアする方法しかありませんでした。
これらの方法は対処法であり、確実に薄毛を改善する事はできません。
ですが、薬でならコンプレックスの薄毛も、解消できるのです。
現在、薄毛治療として処方されている内服薬は、「プロペシア」と「ミノキシジル」という2種類がポピュラーとなっています。

同じ薄毛治療薬という事で、どちらを飲んでも効果は一緒と思う方も多いでしょう。
薄毛を解消する効果のある内服薬ではありますが、実はこの2つの内服薬は作用に大きな違いがあります。

まず、プロペシアは男性型脱毛症、いわゆるAGAの改善に特化した内服薬です。
男性型脱毛症は男性ホルモンのテストステロンが、5αリアクターゼという酵素の働きにより、ジヒドロテストステロンへと、変化する事で薄毛となってしまいます。
ジヒドロテストステロンは、髪を作る司令塔「毛乳頭」の働きを、阻害してしまうのです。
毛乳頭の働きが弱まると、髪が抜けやすくなる・髪が生えにくい・生えても産毛のような細い髪といった症状が現れます。
プロペシアは5αリアクターゼの作用を抑制し、ジヒドロテストステロンの生成自体を抑える内服薬です。
ジヒドロテストステロンさえ作られなくなれば、薄毛をストップする事ができます。

一方のミノキシジルは、頭皮の血行を改善する薄毛治療薬です。
頭皮の血流が悪いと毛根に栄養や酸素が行き渡らず、健康な髪を育てる事ができません。
ミノキシジルは男性型脱毛症の場合、プロペシアのサポートをする目的で病院から処方されます。
また、女性の薄毛治療の場合はミノキシジル単体で、処方されるケースがほとんどです。
これらの医薬品は通販で手に入れることが可能です。
プロペシアを通販で手に入れる方法が分かるサイトなどもあるので参考にしてみましょう。